• レーザー加工となります。
  • カット側面は特性上垂直ではなく若干斜めとなり、うっすらと縦筋がつきます。
  • 主に透明アクリルのレーザー彫刻することで白くなる素材(キャスト材)と白くならない素材(押出材)を扱い、彫刻の有無によって素材を使い分けます。
    ※キャスト材の方が1.5~2倍ほど材料費が高くなります。

  • 側面が若干斜めになる関係上、シビアな寸法加工には向きません。
    ※カットの場合厚みにもよりますが-0.1~-0.5mmほど誤差が生じます。